■SUBMENU

■扇風機活用法

扇風機とはプロペラを回転させることによって、風を発生させる家電で、持ち運びが簡単でさらに安価であり、消費電力も少ないことから、今年特に注目された家電ではないでしょうか。プロペラのない扇風機や、充電式の扇風機まで販売されており、エアコンを28度に設定していた場合でもその約4分の1程の電力しか使いません。また、エアコンの設定温度26度で運転させるより、エアコンの温度を28度にして扇風機を使用した方が電気使用量が少ないというデータがあり、エアコンと扇風機を併用することで、体感温度がさがり、快適に過ごすことが出来ます。エアコン人気に押されていた扇風機ですが、その使用方法によっては、快適に夏をすごす手助けをしてくれます。扇風機は後ろから風を取り入れますので、朝方は涼しい外の空気を取り入れるために、窓に背を向けて置き、夜には温かい室内の空気を外にだすために、外に向けるということも有効です。しかし、注意しなくてはならないこともあります。扇風機の風を直接あたると、汗が蒸発し、体の熱が奪われてしまい、健康な大人でも、一晩扇風機にあたり続けると風邪をひいてしまうほどです。そこで、夜使用する時には、直接風が当たらないように、一度壁に跳ね返らせて、風を拡散出来るような位置に置くなどの配慮が必要になります。